新潟県田上町

なにもないぞ、たがみまち。 新潟県の真ん中あたりにポツンとあります。 ほんとに何もないかどうかは、見に来て、感じてほしい。そんなまちです。

新潟県田上町

なにもないぞ、たがみまち。 新潟県の真ん中あたりにポツンとあります。 ほんとに何もないかどうかは、見に来て、感じてほしい。そんなまちです。

    リンク

    マガジン

    • 地域おこし協力隊

      地域おこし協力隊が田上町で感じた徒然(つれづれ)を発信します。

    • たがみまちからのお知らせ

      田上町役場の人が町の移住支援策や、そのほかの記事を作成しています。 不定期更新。

    ウィジェット

    最近の記事

    固定された記事

    こんにちは。たがみまちです

    田上町と書いて、たがみまち、と読みます。 まずは名前を覚えていただくところから。 タガミチョウではなく、たがみまちです。 どうぞよろしくお願いいたします。 なんとなく、このページにたどり着いた方。 田上町に興味がある方、かつて田上町に住んでいた方、 田上町に住んでみたい方。 このnoteでは、そんな方たちに、田上町役場の職員と、地域おこし協力隊の皆さんでいろいろな情報をお届けします。 (ちなみにこの記事を書いているのは、田上町役場政策推進室です) 田上町について ま

    スキ
    19
      • コロナ禍で生まれたおじぞうさんと応援歌

        こんにちは。 田上町 地域おこし協力隊のヤマグチです。 ある日、まちの道の駅に見たことのない絵が、何枚も飾られていました。 カラフルな色で描かれているのは、かわいらしいおじぞうさんと、背中を押してくれるようなメッセージの数々。 これが初めて藤田さんの作品を見た日でした。 それから約4か月後—— 「実は本を出版することになりました!」と連絡が。 数日後、ヤマグチはたくさんの作品が展示されたギャラリーで取材をしていました。 「私が伝えたいのはこの言葉なんです!」

        スキ
        1
        • 70歳でオープンした「ギャラリーみたいなギャラリー」

          こんにちは。 田上町 地域おこし協力隊のヤマグチです。 まちの幹線道路沿いにある商店跡地に、数ヶ月前から突如貼り出された「ギャラリーみたいなギャラリー」の手書き看板。 ヤマグチが田上町に移住した時からすでに閉店していたこの商店。 気にはなっていたが、何となくタイミングが合わずスルーしていた時、たまたま取材していた農家さんから情報をいただきました。 「あいつはうまいよー。よくあんなの描けるわ」 後日スルーしていたことを若干後悔しながら、「ご自由にどうぞ」と書かれた案内

          スキ
          12
          • 田舎で見つけた「隠れ家」食品サンプル教室

            こんにちは。 田上町 地域おこし協力隊のヤマグチです。 定食屋さんや喫茶店など、ちょっと懐かしい感じのお店だと今も見かける「食品サンプル」。 最近はテレビで特集が組まれたり、ガチャガチャの景品になるなど、認知度としてはかなり高いのではないでしょうか。 そんな食品サンプルも、実際に作ったことがある人となるとかなり限られるはずです。ヤマグチの体感では100人集めて「作ったことあります?」と聞いて回っても1人いたらすごいなーくらいのイメージ。 しかし、 県内でも1番小さい"

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 地域おこし協力隊

            • 16本

            地域おこし協力隊が田上町で感じた徒然(つれづれ)を発信します。

          • たがみまちからのお知らせ

            • 6本

            田上町役場の人が町の移住支援策や、そのほかの記事を作成しています。 不定期更新。

          • 地域おこし協力隊

            • 16本

            地域おこし協力隊が田上町で感じた徒然(つれづれ)を発信します。

          • たがみまちからのお知らせ

            • 6本

            田上町役場の人が町の移住支援策や、そのほかの記事を作成しています。 不定期更新。

          • 田上町紹介PV(移住を希望されている方へ)
          • 田上町CM「週末ストーリー」
          • 田上町CM第2弾「ここでつながる」

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • こんな竹林?でアスパラガスは育ちます

              こんにちは。 田上町 地域おこし協力隊のヤマグチです。 たまにお世話になっている地元密着型スーパーに 気になる張り紙が出ていました。 ただの「アスパラあります」ではなく名指し。 さすがに無視できず店内の冷蔵ケースを探すと「カサハラさんのアスパラ」と書かれた商品を発見。 お値段も手ごろだったので気になっていた地酒と一緒に購入して帰宅しました。 さっそく晩ごはんの一品として奥さんに追加をねだって実食。 「おいしい……っていうかめちゃくちゃ甘い!」 二人ともメインそっ

              スキ
              93
              • 白米と玄米のイイトコ取りをめざして〜味も栄養もゆずれないから〜

                こんにちは。 田上町 地域おこし協力隊のヤマグチです。 先日、まちのイベントでお会いしたお米の生産者さん。 お忙しい中わざわざ時間をとって頂き、お金も取れるのでは?という内容の、とてもタメになるお話をたっぷり伺いしました。 突然ですがみなさんはお米をどのように食べていますか? おそらくダントツで多いのは、白米を炊飯器で炊いて食べる方でしょうか。 「それ以外なにがあるの?」と言われそうですが、その他にも雑穀など、他の穀物を混ぜて食べる方もいらっしゃると思います。 ヤマグチ

                スキ
                6
                • 田上町のここ、空いてますよ

                  こんにちは。政策推進室です。 田上町に住んでみたい、田上町に戻ってきたいけど、実家じゃないところに住みたい・・・というあなたへ、お住まいに関する情報をお届けします。 空き家・空き地バンクのご案内 田上町では土地・空き家を売りたいという方と、情報を求める方の マッチングを行っています。↓  田上町の空き家、空き地に関する情報です。   →登録物件はこちら 土地の相場・・・  田上町の(令和3年度)地価平均は、1万7666円/㎡です。  (坪単価では平均5万8402円/坪

                  スキ
                  5
                  • ももももちろんおいしいです~田上町のふるさと納税 ”夏”~

                    田上町のふるさと納税のお礼の品 ~夏ver.~こんにちは。政策推進室です。タイトルはタイプミスではないです。 今回のテーマ、『桃も、もちろんおいしいです。』 今回も”田上町”が気になるきっかけが「ふるさと納税」でもいいじゃない、ということで、記事にしてみます。 大ファンの多い「桃」 夏の人気返礼品。それは 「桃」(あかつき) 田上町の山手の斜面に桃の果樹がたくさん並ぶ「桃畑」があります。 住宅地から離れた山のほうなので、行くのも一苦労。斜面なので、軽トラで登るのも一苦労

                    スキ
                    9
                    • まちのお寺にある地獄絵を独学で分析したので解説してみる

                      こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 先日、田上町のお寺「円福院」にお邪魔してお話を聞く機会がありました。 数十年ぶりにご本尊のご開帳があるとのことで、お寺の歴史などを説明頂き、お堂の中も見学。 写真撮影も快く了承いただいたので、バシバシとシャッターを切り帰宅しました。 いきなりですが「地獄絵」ってご存知ですか? 「そんな悪いことしてると地獄に落ちるよ!」みたいな発言はどこで習うわけでもなく、一度は聞いたことがあるフレーズかと思います。 地獄絵はまさにその

                      スキ
                      18
                      • お米を大事に食べたくなる写真 ~田植えはまだまだチカラ仕事~

                        こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 小さい頃ヤマグチの親や祖父母がこんなことを言っていました。 「ちゃんときれいに食べるんだよ。米一粒に百人のお百姓さんの気持ちがこもってるんだから」 ちょっと検索してみても似た言い回しはあまりヒットしなかったので、地元もしくは家独自のものかもしません。 その外にも有名なところでは などなど…… 世の中には似たようなことわざや言い伝えがたくさんあるようです。 「お米を作るのは大変。大事に残さず食べなさい」という昔から続く

                        スキ
                        67
                        • ゴールデン・タケノコ・ウィーク

                          こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 皆さまどんなゴールデンウィーク(以下GW)を過ごしましたか? 旅行に行った方、帰省した方、家でゆっくりした方…… 今年は最大10連休ということで全てこなした方も多いかもしれませんね。 ヤマグチはタケノコと共に過ごしたGWでした。 GW最後の土日はこうしてタケノコの話をnoteにまとめています。 タケノコに始まり、タケノコで終わるGW…… もはやゴールデン"タケノコ"ウィークです。 タケノコを掘り、タケノコで遊び、タケノ

                          スキ
                          14
                          • コレはあなたの町にいくつ残っていますか?

                            こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 丸型ポストや丸ポストなどと呼ばれるコレ。 正式名称は「郵便差出箱1号(丸型)」と呼ぶそうです。 以前旅館の社長さんから「丸ポストを撤去しちゃうっていうからうちに置いてもらったんだよ」とお話を伺ったことがありました。 「次のnoteネタは何にしようかなー」と考えていた時に思い出したこのお話。 ——もしかして丸ポストって結構人気なのでは? そう思ってしまったら見過ごす手はありません。 田上町の丸ポストを巡り、無事制覇したこと

                            スキ
                            77
                            • 休日を有意義に過ごすための最適解は「早朝ハイキング」でした

                              こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 朝型、夜型で言ったら夜型のヤマグチです。 絶対に起きないけれども「もしかしたら起きられるかも」という謎の期待で起床時間の30分前にもアラームをかけているヤマグチです。 もちろん起きた試しがありません。 この方法は奥さんにとても嫌がられます。むしろ奥さんの方がそれで起きています。 今のところ、よほど強い理由がない限りヤマグチは早起きが出来ないようです。 そこで朝早いイベントに参加を決めることによって、半ば強制的に早起きを

                              スキ
                              7
                              • お米の苗3,200箱が3時間でハウスに並んだ

                                こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 皆さん主食はお米派ですか?パン派ですか? 麺派の方もいらっしゃるかもしれませんね。 お米派の方、おめでとうございます。今回はお米に関するお話です。 パン派、麺派の方、ごめんなさい。いつかパン、麺にもフューチャーしようと思うのでご勘弁ください。 ヤマグチが移住した田上町は、言わずもがな米どころの新潟県。 町のどこを切り取っても田園風景が映り込むと言っても過言ではないかもしれません。 今回は先日見学に伺ったお米作りの一部をご

                                スキ
                                106
                                • 「お寺は使ってもらってなんぼ」と言う30代のご住職が町に来た

                                  こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 今回は田上町にあるお寺のお話。 ヤマグチは平均的な日本人らしく、神も仏も信仰するタイプです。 新年は神社へお参りに行きますし、クリスマスはちょっとしたご馳走を食べますし、親族のお葬式はお寺です。 なので、特別お寺が身近な存在の生活というわけではありませんでした。正直なところは少し近寄りがたいイメージすら持っています。やっていいこと悪いことなど、マナー的なものを気にしてしまうというのも、少し遠ざけてしまう一つの理由かもしれま

                                  スキ
                                  11
                                  • これは味噌を作るのに使う機械です ~味噌作りの見学にお呼ばれした日~

                                    こんにちは。 地域おこし協力隊のヤマグチです。 直売所の組合長さんからお誘いを受け、味噌作りを見学させていただきました。 正直、ヤマグチの祖父母も味噌は作っていました。 しかし、工程が全く分かりません。20年弱は実家でその味噌を食べていたはずなのに。 「大豆をあれして樽に入れて、ねぇ?」くらいのワードしか出てこない。 お恥ずかしいかぎりです…… そんなヤマグチも、ついに味噌づくりの工程を把握いたしましたので、ご紹介しようと思います。 詳しいレシピや、ご家庭で再現で

                                    スキ
                                    15